カテゴリー: 美容の知識

美容と食事の関係性

美しい女性
美容のためには食べるものが大事とよく言いますが、私は歳をとるにつれてそれを体感しています。

現在振り返ってみると、フレッシュな頃は現実に食生活が乱れていたと考えます。

お酒を覚えた20代前半の頃は、仲間や企業の同僚などと飲みに行くのが楽しくてしょっちゅう飲みにいっていました。

他にもお酒のつまみは言うまでもなくピザや唐揚げ、パスタなど脂っこいもの…その頃は若かったからまだ太らずに済んだものの、そのような暮らしをしていてお肌や体に良いわけがないのです。

その頃のお肌はしょっちゅう吹き出物が出ていましたし、化粧ノリもかなり悪く、朝起きたら顔はどんより…という事も多かったです。

その上、お酒を飲んで酔っ払い、化粧を落とさずに寝てしまった事もたびたびありました(反省)。

実際にお肌に悪い事ばかりしていたなと考えます。

その頃はまだ若かったから改修技術も早かった(?)と考えますが、40代になった現在同じ食生活をしたら、お肌も体もとんでもない事になりますよね。

今頃ではかなり美容のための食事には気を使っているつもりです。

元はバランスの取れた食事。

特に野菜などは意識しないと必然的に不足がちになってしまうので、レシピを考慮するときも、肉や魚などが主要というより野菜も主になれるような献立作りをしています。

野菜を充分に食べているとお通じも良くなるので、結果的にお肌にも良いですしね。

今後もいつもお肌のためになる食事が可能なよう毎日注意を払っていきたいなーと思っています。